どんなことを学べるの?

BAG STUDIO H5では、理想のバッグを自分の力で作れるようになろう!というコンセプトの元、主にミシンを使った本格的なバッグ制作を学んで頂きます。それぞれの生徒さんに合った目標を設定し、企画から型紙作り、材料選び、裁断、革漉き、縫製等々、あらゆる工程を学んで頂けます。また販売等を希望される方にはどう販売していくかなど経験からのアドバイスもさせて頂きます。

全くの超初心者の方も、何となく自己流で作ってきたけど改めてしっかり学びたいという方も、どなたも大歓迎です!

To TOP⇧

カスタムカリキュラムって?

  • 〇〇コース、というものは設けておりません

BAG STUDIO H5では、レッスン前にカウンセリングを行い、個々の生徒さんのニーズに合わせたカスタムカリキュラムをご提案します。

例えば、

・全くの初心者の方でしたらミシンの使い方、型紙の紙の切り方等、初歩の初歩からのスタートをご提案します。そして、難易度は低いものの習得すると色々応用できる基本型からしっかり学んで頂き、基礎レベルでもオリジナルバッグを企画制作出来るような力を付けて頂けるようカリキュラムを組んでいきます。

・他の教室で既に学んでいらっしゃった方にはどんな目標をお持ちか、何を学びたいか等のご要望を伺い、レベルチェックをさせて頂き、理想のレッスンになるようなカリキュラムをご提案させて頂きます。また、既に作品販売されている方には講師自身の経験からアドバイスできる販路開拓のアドバイスや、商品の強度や精度についてのご相談等”お悩み相談駆け込み寺”的な形でお役に立てたらと思います。


こうしたカスタマイズしたカリキュラムのご提供は、ひとりの講師が行う個人教室であるからこそ、また、最大2名で行う超少人数制レッスンであるからこそ実現します。

お一人お一人に合った学び方でより一つ一つの要素をしっかり習得し、ご自分のものにして頂けるようなカリキュラムとなっています。

尚、入学時のカウンセリングはレッスン開始前に無料で行います。所要時間は約1時間を予定しております。レッスン開始後、途中カリキュラムの見直しが必要になった場合は、レッスン時間内にてご相談させて頂きます。

入学時のカウンセリングの日時は、入学後にご案内する予約システムよりご確認の上ご予約下さい。

また、予約システムの時間枠でご都合の悪い方は下記のいずれかの方法でご連絡ください。日程を調整させて頂きます。

✉bagstudioh5@gmail.com

050-6881-3852

LINE公式アカウント: @388mqacb

友だち追加


To TOP⇧

どんな材料を使うの?

主に本革を使用しますが帆布やナイロン、フェイクレザー等の布地も使用します。お好みの素材で作って頂く事も可能です。

To TOP⇧

必要な道具は?

レッスンには、方眼用紙のノート(B5サイズ以上)一冊と筆記用具(タブレットへの記録でももちろんOKです)を必ずご持参ください。

必要な道具類は教室にてお貸出し可能ですが、基本の道具はご購入頂く事をお勧めします。

・必ず必要な基本道具:カッター(黒刃)、目打ち、方眼・カッティング定規、基本の裁縫道具(リッパー、チャコペン、糸切バサミ、裁ち鋏等)

・あると便利な道具:革包丁、へら、ローラー、コンパス、銀ペン、おもり、三角定規、円定規、カーブ定規など

あると便利な道具は、ある程度制作が進み必要になってきたら買い足す、という感じで良いと思います。道具の値段はピンキリですが、数百円の物から中には1万円を超えるものもあります。その時に応じて相応しい道具をお勧めしていきます。

To TOP⇧

学べる曜日、時間は?

毎週火曜、金曜、日曜日の午前、午後、夕方の3クラス、各2.5時間のレッスンとなります。各曜日共通で、教室は9:45にオープンし、19:00に完全クローズします。

  • 午前クラス 10:00~12:30
  • 午後クラス 13:00~15:30
  • 夕方クラス 16:15~18:45 
    ↑注意↑ 夕方クラスのみスタート時間が変則です!

*各レッスンの前後15分間でレッスンの準備・後片付けの時間にあてて頂けます。レッスン時間を有効にご活用頂けます。
*年末年始など教室がお休みになる場合は、なるべく早めに日程をお知らせします。

To TOP⇧

どうやって予約できるの?

レッスン及びレッスンスタート前のカウンセリングのご予約は、生徒さん専用のオンライン予約システムよりご予約が可能です。予約サイトは入学後にご案内させて頂きます。

体験ワークショップ、見学説明会のご予約はこのHPより可能です。


また、LINE、メール、お電話でもご予約を承ります。


メール: bagstudioh5@gmail.com

LINE公式アカウント: @388mqacb

友だち追加


050-6881-3852 (授業中等で出られない場合があります)

To TOP⇧

毎週通わなくちゃいけないの?

BAG STUDIO H5では、1レッスン毎に予約を入れて頂く仕組みを導入しています。毎週この日に必ず通わなくちゃ…!というプレッシャーはなく、お好きな曜日・時間をお選び頂き、ご自分のペースで学んで頂けます。月1回でも、週1回でも。もちろん「月に何度でも早く学びたい!」という方でも予約枠が空いていれば何度でも来て頂けます。

To TOP⇧

ひとクラスに何人生徒さんがいるの?

一般的なバッグの教室は、ひとクラス4~5人、中には10名以上の教室もある中で、なかなか質問できないといった声も聞かれますが、BAG STUDIO H5では

最大2名までの超少人数制

しかも

1レッスンたっぷり2.5時間

密度の濃いレッスンをご提供します。

もっと密度の濃いレッスンをご希望の方には、完全マンツーマンのプライベートレッスンも承ります(その場合、レギュラークラスの時間帯以外での日程となりますので個別に調整させて頂きます。また、お値段が変わります。詳しくは次の項目「費用はどのくらい?」をご覧ください)。

To TOP⇧

費用はどのくらい?

  • 入学金(事務手数料など): 11,000円 
    *キャンペーン等のオファーがある場合はそちらを優先します
  • 施設利用費(冷暖房代、教材費、消耗品費など):レッスン10回分で2,200円
  • レッスン料 最大2名、1回2.5時間: 1回 4,950円
  • 完全プライベートレッスン料 
    1回2.5時間: 11,000円、もしくは1回1時間5,500円

*入学金・施設費10回分は、入学時に現金にてお支払い下さい
*施設費はレッスン10回毎にお知らせしますので、レッスンに来られた際に前払いでお支払い下さい。
*レッスン料は、当面の間、レッスン開始前に教室でお支払い下さい(現金・クレジットカード)今後予約サイトでの予約時オンライン決済を導入予定です。
*価格はすべて税込です

* 型紙作成から始まりひとつのバッグを完成させるまでに大体平均6~8レッスン程度です(バッグの難易度とそれぞれの方の経験値に寄り異なります)

<その他費用>
ー 道具類
上記の「 必要な道具は?」でお話した通り、教室でもお貸出しは可能です。
ただ基本の道具は、ご自宅でバッグを作りたいという方にとって必ず必要になるものです。ご購入頂く方がよいと思います。その他の道具は状況に応じて買い足して頂ければと思います。

ー 材料費
ご自身で材料を持ち込んで頂き制作して頂く事が可能です。材料を選ぶのが難しいという方は教室でもご提供させて頂きます。
持ち込みの材料で制作して頂く場合の消耗品や芯材等は、教室でご購入も可能です。

【バッグ1個分の材料費の大体の目安】
   布バッグ 3000円~15000円
   革バッグ 8000円~40000円

To TOP⇧

教室はどこにあるの?

神奈川県藤沢市にあります。小田急江ノ島線鵠沼海岸駅からは徒歩約4分です。
サーフィン発祥の地であり、ビーチバレーの常設コートもある鵠沼海岸からは徒歩約2分です。

詳しくはアクセスページから

自転車を駐輪して頂けるスペースはございますが、駐車場のご用意はございません。
公共の交通機関、又は近隣のコインパーキング等をご利用の上お越し下さい。

主要駅から鵠沼海岸駅までの所要時間
・JR藤沢駅:約5分
・小田急湘南台駅:約15分
・JR平塚駅:約25分
・JR鎌倉駅:約30分
・相鉄・小田急海老名駅:約30分
・小田急町田駅:約30分

To TOP⇧

教室のコロナ対策は?

まだまだ予断を許さないコロナの状況です。教室では以下の事をコロナ対策として実行します。このコロナ対策にご協力頂けない方の入学、体験レッスン受講、及び見学説明会への参加はお断りしております。

  • 教室入室の際の手指のアルコール消毒
  • 入室の際の検温
    体調不良の方や体温37.5度以上の方の入室をお断り申し上げます。
  • 教室内では常時マスク着用
    ワクチン接種済か否かに関わらず、すべての方にお願いしております。
  • マスク飲食のお願い
    教室内で飲食をされる際は、必ず黙飲食をお願い致します。
  • 使い捨てスリッパの使用
    教室は、靴を脱いで入室頂くスタイルです。兼用のスリッパではなく、都度使い捨て出来る個包装スリッパをご着用いただきます。
  • 教室内設備での”うがい”禁止
  • 唾液付着のごみの処理(箸、弁当箱、飲み物容器等)は必ず備え付けのビニール袋に入れて口を縛り、ごみ箱に捨てて頂きます。
  • 季節天候にかかわらず教室内は常時換気をしております。
    エアコン・加湿器等による冷暖房、調湿はしておりますが、冬場は厚手のソックスや温かいニットなどでお越し頂くと安心して受講頂けます。
  • お貸出しする道具類の除菌
    お貸出しした道具類は、授業後、備え付けのアルコール除菌ペーパーでのふき取り除菌のご協力をお願い致します。

To TOP⇧

教室って見学できる?

はい、もちろん見学して頂けます。

ただ、講師ひとりで授業の合間に対応させて頂くため、原則

毎週火曜・金曜・日曜日 15:20~16:10

とさせて頂いておりますが、上記日程以外でも講師在室でご説明が可能な日程もございます。予約ページでご確認頂くか、是非お気軽にお問合せください。

必ず前日までにご予約の上お越し下さい。ご予約はこちらから


メール、LINE、もしくはお電話でもご予約をお受け致します(電話は授業中などで電話に出られない場合がありますのでご了承下さい)

bagstudioh5@gmail.com

050-6881-3852

LINE公式アカウント: @388mqacb

友だち追加

To TOP⇧

体験ワークショップあります!

「ミシンなんて使えるかどうか不安…」、「革なんて扱えるのかな?」などなど疑問や不安をお持ちの方、是非この機会に体験レッスンを受けてみませんか?ちょっとしたお散歩のお供や小物入れとして便利なサイズの本革巾着バッグを一緒に作ってみましょう!
所要時間約2~3時間で誰でも作れます。詳しくは体験ワークショップのページをご覧ください。

To TOP⇧

先生ってどんな人?

まだ会社員だった2009年にバッグ作りを学びはじめ、その楽しさにハマり(笑)、以来十数年、”作る”のみならず”教える”ことについても数々の経験を経て、「これならきっとバッグを作りたいと願う方々のお役に立てる」そんなステージに入ったと感じ、この教室をスタートさせました。詳しくは→自己紹介のページでご確認ください。

To TOP⇧

BAG STUDIO H5の名前の由来は?

BAG STUDIO H5の“H5”は、英語で“HIGH-FIVE”、つまり“ハイタッチ”です。

生徒さんご自身の力でひとつのモノを作り上げた瞬間に仲間とハイタッチしてお祝いする、そんな教室にしたい、そう願って名付けました。とはいえまだまだコロナ禍の今、現実にハイタッチをすることはなかなか難しいですが、モノ作りの楽しさと喜び、そして充実感を提供できる場にしたい、そう思っています。

バッグ作りをすることで得られる効能って?

少々余談にはなりますが…(笑)、バッグ作りの学びのプロセスにおいて、実は心身にとっても良い効能があるのです!

  • 夢中になることを持つ ← 何にも代えがたい幸福感と達成感

好きなことを発見し、それに没頭する時間というのは、何ものにも代えがたいひと時です。また、完成した時の達成感たるや、もう言葉にならないほどです!是非皆さんにも味わって頂きたいです。

  • とにかく頭を使う ←認知症防止に効果あり?!

計算はもちろん、作りたいバッグをイメージし、それを絵に描くことも必要なので、右脳と左脳、どちらも使うのです。計算にはついスマホの電卓機能を使いがちですが、自力でしっかり計算するようになれば立派な脳トレになりますね。

  • 手先のみならず、全身を使う ←筋トレ効果?!

ミシンで縫うのだから目と手先を使うくらいでしょ?と思われがちですが、実は意外に力仕事もあるのです。ミシンで縫う=ミシンに良い仕事をしてもらうために人間が準備をする、ということがとても重要です(制作工程の中で、この準備の時間が実は一番長いのです)。そのために色々な準備の工程があり、中にはハンマーを振る力が必要だったり、裁断をするために立ちっぱなしで体力が必要だったり、ミシン縫製の時にバッグ全体を片手だけで支える力が必要だったり等々、結構体を動かす仕事だったりします。筋力アップになりますよ♪

  • 人との繋がり ←お友達増えちゃう?!

バッグ作りを楽しむだけでなく、一緒にレッスンを受け志を共にする生徒さんや講師とも楽しく会話しながら学んで頂ける、超少人数制だからこそ出来る教室作りを目指しています。
*教室では生徒さん同士の繋がりも大切にすべく、より多くのコミュニケーションが生まれるよう、その機会作りにも積極的に取り組みます。

  • なぜ?どうしたら? ←探求心と忍耐力が養われる?!

バッグを形にすることを経験すればするほど「なんでこうなるの?」「もっとここがこうなったら良かったのに…。」など、今までは気にもしなかったことがどんどん見えてきます。「この縫い目がどうしても気に入らない」とか、「このポケットの高さがあと5ミリ低かったら」とか…。それらを踏まえて次に作るときはここを改善しよう、となれば、バッグ作りにハマっていく探求心とそれを継続できる忍耐力が付いてきた証拠。その気持ちこそがどんどん上手になる人の思考だと思います。

  • ビーチの絶景が癒してくれる ←BAG STUDIO H5だけの特典☆

教室からビーチまでは徒歩2分です。集中して学んだ後は、海・江の島・富士山の絶景があなたを癒してくれますよ♪ 日本全国のバッグ教室で、この特典はきっとBAG STUDIO H5だけだと思います!

To TOP⇧

教室規約

入学に際して必ず確認して頂く教室規約はこちらからご覧頂けます。

この記事が気に入ったらシェアしてください